メニエールで病は大変辛いです【ひどくなる前にメニエール退治】

病気の知識

知っておく情報

骨がスカスカになる骨粗鬆症は悪化してしまうと骨折しやすい体になってしまいます。場合によっては寝たきりになることもありますので日頃から気をつけるべき点を知っておくと予防が出来るでしょう。

詳細へ!

原因がある

辛い症状がある花粉症は、入ってきたウイルスから体を守る為に起きている症状のことをいいます。とても頑張ってはいますが、医薬品で改善が可能なので辛い症状から脱出することも出来るのです。

詳細へ!

手術もある

外耳炎などの治療に最適な新宿の耳鼻科で、お医者さんにしっかり診察してもらえます。小さなお子さんにも安心のクリニックです。

費用と期間

メニエール病というとあまり聞きなれない言葉ですが、実は30〜40代の女性に多い病気のひとつです。主訴は回転性の眩暈、耳鳴り、耳閉感などですが、人によって症状は様々です。症状が軽ければ内服治療だけで済みますが、難聴やひどい眩暈がある人はその他の治療を併用したり、手術による治療も視野に入ってきます。内服治療の場合、定期的に医師の診察を受け、症状に合わせた内服を飲んでいくことになります。1度の受診で検査、内服、もろもろの費用合わせて1万円程度(全額負担の場合)かかります。また、薬を使っても改善が見られない場合、マウスピースを使用した治療や鍼灸治療なども併用します。この二つの治療は、場合によっては保険適応にならないケースもあるので事前に確認してみましょう。最後に手術治療ですが、メニエール病の手術は耳の中にある内耳という部分でできた水腫を取り除く治療になります。手術だけの治療費なら20万円前後(全額負担の場合)ですが、入院日数により費用は増えていきます。

診断されたら

メニエール病の診断を受けて、まず開始されるのが内服治療です。メニエール病はストレスや環境を原因として悪化と改善を繰り返します。症状が軽い段階で早期に内服治療を開始すれば、症状はすぐに改善させることができます。しかし放っておくと内服だけでは改善せず、その場合には別の治療を併用することが多いです。それらの治療では症状に対処できなくなってから初めて手術の話がでてきます。手術自体はそれほど大げさなものではありませんが、やはり体にメスを入れる治療ですから医師もすぐに手術の決断をすることはほとんどありません。また、メニエール病を患っている方が高齢である場合や、何らかの重大な合併症を持っている場合には手術は適応できないこともあります。

ホームページで学ぶ

脂質異常症を始めとした各種生活習慣病を理解することは、情報がまとめられたホームページを通して自分で行えます。ドクターからのメッセージもあるという点から、生活習慣病と向き合うためには欠かせないウェブサイトです。

詳細へ!

漢方が効く

体の不調を無くすことが出来る漢方は、非常に役立つものとして昔から活用されているものになります。クリニックでも、カウンセリングを通して服薬治療を積極的に行なっており、副作用も少ないと言われています。

詳細へ!

解消する

耳鳴りや難聴に悩まされていてもそのまま放置している人もいるでしょう。辛い症状を改善させる為には、有効成分がつまったサプリメントの服用がもっとも好ましいと言われており、多くの人が活用しています。

詳細へ!
このエントリーをはてなブックマークに追加